カテゴリマーク韓国人研究者フォーラムからの「お知らせ」20160509号

皆様
いくつかお知らせいたします。


1.第46回定例研究会開催の最終案内
日時:2016年5月14日(土)15:00-18:00
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎S205号(セブンイレブンの入っているビル)
発表者:朴根好教授(静岡大学人間社会科学部)
発表題目:「韓国の輸出指向工業化とベトナム戦争ー米国家安全保障ファイルが語る『知られざる真相』」ー
討論者:朴相俊教授(早稲田大学)
司会:朴正鎮准教授(津田塾大学)
いよいよ今週の土曜日です。多くの方々のご出席をお願い申し上げます。


2.2016年6月16日(木)に韓国現代日本学会、慶応大学韓国センターと共同で、国際シンポジウム「韓日国交正常化50周年、その後」を開催します。
本フォーラムからは李香真教授(立教大学)が第2セッションの発表者として、金慶珠教授(東海大学)が第2セッションの司会として登壇いたします。


3.5月30日(月)韓国東北亜歴史財団との非公開セミナー開催
去年12月ソウル大日本研究所との座談会に続いて、今度は東北亜歴史財団のシニア研究委員たちと「韓日国交正常化50周年後韓日関係の展望」について非公開セミナーを開催する運びになりました。前回同様横浜総領事館の後援により横浜パークホテルにて行われます。


4.会員動静
崔相鐵会員が、今年4月1日付で、流通科学大学を退職し、関西大学商学部(流通論担当)に着任致しました。


5.会員新刊案内
李洪章会員(神戸学院大学)が『在日朝鮮人という民族経験―個人に立脚した共同性の再考へ』(生活書院、2016年)を刊行されました。どうかご参照願います。
http://www.seikatsushoin.com/bk/150%20zainichichousenjin.html


6.外への窓

6-1 2016年度国際アジア共同体学会・国際シンポジウム 
ー「米中対峙」時代の東アジア地域協力を構築するー

2016年6月4日(土) 開場 10:30 – 18:00
会場:専修大学神田校舎7号館3階731教室 
共催:日本ビジネスインテリジェンス協会・日本華人教授会議・韓国人研究者フォーラム
後援:専修大学ソーシャル・ウェルビーイング研究センター


6-2 青厳大学在日コリアン研究所と東京大学韓国学研究部門が5月28日午後共同で在日コリアン問題について研究会を東京大学駒場キャンパスにて開催いたします。
詳細が固まる次第追ってご連絡申し上げます。


6-3 慶應義塾大学東アジア研究所現代韓国研究センターの講演会開催のご案内
孫鶴圭・元民主党代表講演会「韓半島問題と日本の役割」
◆日 時:2016年5月19日(木) 16:00-18:00
◆場 所:慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab
◆使用言語:日韓同時通訳
◆問い合わせ先:慶應義塾大学東アジア研究所現代韓国研究センター
 https://wwwdc01.adst.keio.ac.jp/kj/kieas/kccks/contact/index.html
  〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 
  tel 03-5427-1598   fax 03-5427-1640
  e-mail: <kcckskieas@info.keio.ac.jp>



韓国人研究者フォーラム事務局
info@ksfj.jp