カテゴリマーク韓国人研究者フォーラムからの「お知らせ」20160122号

皆様
遅ればせながら新年のご挨拶申し上げます。
どうか今年もよろしくお願い申し上げます。

現下の日韓/韓日関係、日本と韓国を見ていますと、狭間で生きる我々韓国人研究者たちのレゾン・デートルと役割について改めて考えさせられるこの頃でございます。本フォーラムは、今年の5月に早満8年を迎えるますが、体制を一層整備し、活字で必要であれば声で発信する「進化する会」であるべく頑張っていく所存ですので、どうか引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

いつものように、いくつかお知らせいたします。


1.第45回定例研究会の開催(「在日法律家協会」との共同開催)

日 時:2016.2.6(土)15:00 ~ 18:30
場 所:東京大学教育学部第1会議室(本郷キャンパス)
    http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_09_01_j.html
テーマ:「新入管法施行3年半を振り返る!」
報告者:一般的な視点から:近藤 敦(名城大学)
             関 聡介弁護士(予定)
    「在日」の視点から:殷勇基弁護士
司会・討論者:未定


2.外への窓


2-1 メールマガジン「オルタ」145号(2016.1.20)
http://www.alter-magazine.jp/index.php

<第6回 オルタ・オープンセミナー 開催案内>

テーマ:『2016年を展望する』
報告者:丹羽宇一郎(日中友好協会会長・前駐中国大使)
日 時:2016年1月23日(土曜) 14時~16時30分
場 所:ちよだプラットフォームスクウェア(本館)501号・502号室
    千代田区神田錦町3-21 TEL:03-3233-1511
    地図:http://www.yamori.jp/access/
交 通:地下鉄東西線竹橋駅2分・神保町駅7分・大手町駅8分
会 費:1000円 但し学生・院生は無料
申込み:当日の申込みも受け付けますが、会場の都合もありますので、できるだけ事前に下記へメールして頂きたいです。 Email : alter@alter-magazine.jp


2-2 1月24日(日)京都シンポジウムのご案内

【タイトル】アジアにおける高齢化:タイのコミュニティケアのメカニズム

<趣旨説明>
安里和晃(京都大学大学院文学研究科特定准教授)

<講演>
ヴィエンナラート・ チュアンヴィヴァート (元国連職員)
パラニー・ワッタナ (元タイ王国国家経済社会開発庁職員)
日 時:平成28年1月24日(日)12時30分から15時まで(12時開場)
会 場:京都大学 文学部新館 地下大会議室
参加費:無料
主 催:京都大学文学研究科安里研究室
後 援:トヨタ財団

【参加申込】
タイトルを「セミナー参加申込」として、お名前とご所属を明記の上、メールにてお申込みください。 Email : kaigo.international@gmail.com


韓国人研究者フォーラム事務局

info@ksfj.jp